足元で決まる印象

ここでは、定番の草履・流行りのブーツの2大スタイルの袴コーディネートを紹介します。

あなたは草履派?それともブーツ派?

普段、洋服を着る時でも「コーディネートは足元で決まる」と言われるくらい、履物は大切なポイントですよね。それは袴でも同じ。

袴というと草履という印象がありますが、最近は大正ロマンをイメージしたブーツスタイルが流行っていて、袴を着ている人の2~3割はブーツになっているそうです。また、ブーツのメリットとしては雨や雪の日でも足元が濡れる心配がない、階段の上り降りが楽なども挙げられます。

一方で、草履にも昔ながらのエレガントな雰囲気を演出できるというメリットもあります。天候を考えてブーツにする人も多いようですが、王道の草履の人気もまだまだ高いようです。

根強い人気の草履

王道の草履はなんといっても可憐なイメージを演出できるのがポイント。黒ベースにカラフルな花柄の入った草履や、豪華な金色ベースの草履もあり、イメージする雰囲気によって合わせることができます。

草履単品のレンタルは2,000円前後。草履のみのレンタルはできない所もあるので、問い合わせが必要です。

動きやすさならブーツ

袴用のブーツは編み上げタイプのものが主流で、レンタルだと3,000円前後が相場となっているようです。普段でも履けるようなデザインのブーツを販売しているレンタルショップもありますが、普段使いのブーツでも十分対応できます。卒業式のスナップなどでは、自前のブーツを可愛く着こなしている人がたくさん居ますよ。

ちなみに、ブーツスタイルの場合には袴を短めに着るのがポイント。レンタルする時にブーツ着用と伝えると丈を短めにしてくれるお店もあるので、問い合わせてみるといいですよ。

コンテンツ一覧